中華義荘に建てられた横浜市内最古の近代建築。木骨煉瓦造。広東省や台湾の廟建築によく見られる中庭を建物で囲む建築様式。外壁は螞蝗攀(マコウハン)と呼ばれる楕円形の鉄板で煉瓦を柱に止め、強度を高めている。関東大震災前はジェラール瓦が使用されていた。